建設業法

建設業法 建設業法
建設業法

請負契約

請負契約書に記載する主な事項 工事内容、工事着手の時期および工事完成の時期請負代金の全部または一部の前払または出来形部分に対する支払いの定めをするときは、その支払の時時期および方法価格等の変動もしくは変更に基づく請負代金の額または工...
建設業法

建設業許可

建設業を行うには、都道府県知事か国土交通大臣から建設業の許可を受ける必要がある 建設業の許可の種類と条件 建設業の許可には特定建設業と一般建設業の2つがある 金額によって必要な許可の種類が変わり、許可を必要としない場合も...
建設業法

元請負人の義務

完成検査 建設工事が完了した連絡を受けた日から20日以内に完成検査を完了させる 請負金の支払い 元請負人は請負代金の支払いを受けてた日から1か月以内に下請代金を支払う 前払金の支払い 元請負人は、前払...
建設業法

技術者の配置

建設業者は工事現場に技術者を配置することが決められている 技術者の種類 技術者には下記の3種類がある 監理技術者主任技術者(専任)主任技術者(非専任) 配置条件 監理技術者 ①発注者から直接受注している...
タイトルとURLをコピーしました