冷温水配管

一般基礎空調調和設備

管径が大きくなるほど、許容最大流速も大きくなる。

リバースリターン方式では往きと還りの配管損失の合計がほぼ等しくなる。

往きと還りの温度差を大きくすると搬送動力を小さくできる。

熱膨張による配管の伸縮を吸収するために伸縮管継手を設ける。

循環水量は負荷(搬送熱量)に比例する。機器出入口の水温度差に影響される。

開放回路方式は密閉回路方式に比べてポンプ動力が大きくなる。

変流量方式では搬送動力を節減できる。

ダイレクトリターン(直接還水)方式は各負荷機器への配管抵抗は不均等になる。

1級管工事施工管理技士合格への道

コメント

タイトルとURLをコピーしました