空気調和方式の種類

空気調和空調調和設備

空気調和方式の種類は次の6つだよ!

  • 定風量単一ダクト方式(CAV
  • 変風量単一ダクト方式(VAV)
  • 床吹き出し方式
  • ダクト併用ファンコイルユニット方式
  • 大温度差送風方式
  • エアフローウィンドウ方式

ここではそれぞれの特徴を解説するよ!

詳しい解説はリンク記事を見てね!

定風量単一ダクト方式(CAV)

送風量を一定にして送風温度で調整する空調方式

デメリット

  • 部分的な空調の運転・停止ができない(室ごとの調整ができない)
  • 各室ごとに温度差のアンバランスが生じる

変風量単一ダクト方式(VAV)

送風温度を一定にして送風量で調整する空調方式

メリット

  • 室の負荷変動に対応しやすい
  • 間仕切りの変更に対応しやすい

床吹き出し方式

床面から空調空気を送風する方式

メリット

  • 吹出口の移動や増設に対応しやすい
  • OA機器の配置換えなどへの対応が容易

デメリット

  • 冷房時は垂直温度差が生じやすい(足元は寒く天井は温かいまま)
  • 冷房時は吹出し温度差を大きくできない

※吹出し温度差
→室内温度と送風空気温度の差

ダクト併用ファンコイルユニット方式

ダクトとファンコイルユニットを併用する方式

ダクトでインテリアゾーン、ファンコイルユニットでペリメータゾーンを空調する

メリット

  • 全空気方式に比べて空気搬送動力が小さい

デメリット

  • 外気冷房を使いにくい(ダクトが小さいため)

※インテリアゾーン
→室の中心部

※ペリメータゾーン
→室の端部(窓際5mぐらい)

※外気冷房
→外気を取り込んで冷房すること

大温度差送風方式

吹出し温度差の大きい空気を送風する方式

※吹出し温度差
→室内温度と送風空気温度の差

メリット

  • 送風量が少なくなるのでダクトサイズを小さくできる

エアフローウィンドウ方式

2枚の窓ガラスの間に空調空気を送風する方式

メリット

  • 日射や外気温度による窓面の熱負荷を軽減できる
1級管工事施工管理技士合格への道

コメント

タイトルとURLをコピーしました